技術開発賞  受賞一覧

※当賞は2001年度に「日本映画テレビ技術協会賞」(旧「日本映画技術協会賞」)から現在の「技術開発賞」と名称変更し、表彰を行っています。

第69回 (2015年度)

技術開発賞

題目 受賞者

ハイブリッドキャスト対応 MPEG-DASH 動画視聴プレーヤーの開発

西村 敏(NHK 放送技術研究所)

2/3型4K3CMOS搭載4KカメラHDC-4300の開発

ソニー(株) プロフェッショナル・ソリューション事業本部 商品企画部・設計2部

第68回 (2014年度)

技術開発賞

題目 受賞者

30型有機EL搭載4Kマスターモニター BVM-X300の開発

ソニー(株) プロフェッショナル・ソリューション事業本部 VPS事業部設計3部、CCS事業部企画部

小型姿勢センサーを用いた手持ちカメラによる バーチャルスタジオの開発

加藤 大一郎、武藤 一利、三ッ峰 秀樹(NHK技研)

技術開発奨励賞

題目 受賞者

3Dシミュレータと連動可能な次世代調光操作卓

兼岩 克、道本 啓介、瀧本 貴士、葛原 宏一(朝日放送(株))及び パナソニック㈱ エコソリューションズ社

第67回 (2013年度)

技術開発賞

題目 受賞者

SLAMベースのエンジンを用いた放送用ARソフト 「QUU」の開発

加藤 喬、小野 真介((株)テレビ朝日)
森川 和正、林 建一((株)コンセプト)

緊急地震速報に対応した24時間地震収録サーバシステムの開発

報道局報道映像部 編集班(関西テレビ放送(株))

技術開発奨励賞

題目 受賞者

クルムス蛍光体を用いたLED照明器具の開発

河野 勝(NHK)、杉森 正吾((株)小糸製作所)

スマートフォンを活用した遠隔取材支援システム
「Location Supporter・ロケサポ」の開発
ロケサポ開発チーム
((株)フジテレビジョン・(株)ジェイエムテクノロジー)

審査員特別賞

題目 受賞者

日本テレビ開局60年特別展
「京都-洛中洛外図と障壁画の美」龍安寺石庭 4K×3面パノラマコンテンツの制作について

龍安寺4Kコンテンツ制作チーム(日本テレビ放送網(株)・(株)日テレ・テクニカル・リソーシズ)

第66回 (2012年度)

技術開発賞

題目 受賞者

ミリ波モバイルカメラの開発

ミリ波モバイルカメラ開発グループ
代表 中川 孝之
(日本放送協会 放送技術研究所)

フル4K解像度による高速度カメラ「FT-ONE」の開発

冨田 光浩、松永 功介((株)朋栄)

技術開発奨励賞

題目 受賞者

LEDキャスターライトの開発

廣瀬 蓉子((株)テレビ朝日)
東芝ライテック(株)
東芝エルティーエンジニアリング(株)

第65回 (2011年度)

技術開発賞

題目 受賞者

ランドマーク表示システム「スカイマップ」の開発

中島 孝・津田貴生
(日本放送協会)

FPU波の光伝送による遠隔受信システムの開発

FPU波の光伝送システム開発グループ
(日本テレビ放送網(株))

SDカードスクランブラーの開発

保谷和宏・西川 寛
((株)フジテレビジョン)

デジタルセパレーション用白黒レコーディングフィルム
「ETERNA-RDS」の開発

村上 光・白井英行
豊嶋悠樹・大関勝久
(富士フイルム(株))

技術開発奨励賞

題目 受賞者

位相調光制御対応LED駆動装置の開発
およびLEDフラッドライトの実用化

LED照明器具開発グループ
(日本テレビ放送網(株)・(株)加藤電気工業所)

審査員特別賞

題目 受賞者

鶴岡まちなかキネマプロジェクト

小林好雄
((株)まちづくり鶴岡)
高谷時彦
((株)設計・計画高谷時彦事務所)
早川 篤
(日東紡音響 エンジニアリング(株))

第64回 (2010年度)

技術開発賞

題目 受賞者

中継用UHF帯超小型アンテナの開発

株式会社フジテレビジョン
青木良太

TWINS CAM「水面合成カメラシステム」の開発

日本放送協会
中西紀雄・仲野 良・沢田 智

技術開発奨励賞

題目 受賞者

LEDロケーションライト『DOCAST LSA』の開発

株式会社テレビ朝日 高野安隆
富士ライト商事株式会社 渡辺淳二

第63回 (2009年度)

技術開発賞

題目 受賞者

新方式デジタルFPU用可搬ヘリコプター追尾システム

日本テレビ放送網株式会社
牧野鉄雄、甲斐 創、佐治佳一

技術開発奨励賞

題目 受賞者

カラーマトリックスコレクター装置の開発

日本放送協会
龍口健二、牧野雅哉

第62回 (2008年度)

技術開発賞

題目 受賞者

地上デジタル放送用スケルチ装置「デジ助」TMの開発

日本テレビ放送網株式会社
佐藤 誠、宮内 聡、田中正克、
和泉田 智志、遠藤 哲

映像ダイナミックレンジ補正装置「D-Rex」

株式会社フジテレビジョン
西川 寛

技術開発奨励賞

題目 受賞者

振動吸収ドリー「HENDE」

株式会社中京テレビ映像企画
株式会社映像企画
ウェルクラフト株式会社

デジタルシネマ・プロジェクタ向
インバータ制御方式光源用電源の開発

株式会社三社電機製作所

スペシャルドラマ「坂の上の雲」制作に於ける「デュアルリンク光伝送装置」と周辺機材の開発と運用改善

日本放送協会 木川 豊

衛星IP通信を利用した低コストで高画質な「VSAR機動中継車」の開発

株式会社テレビ朝日/TIA
スーパーモーニング「スパモニ機動中継隊」

デジタルシネマカメラ「F35」の開発・商品化

ソニー株式会社
F35開発チーム

第61回 (2007年度)

技術開発賞

題目 受賞者

地上デジタル放送用ギャップフィラー装置
チャンネルイレーサー「凸凹くん」の開発

日本テレビ放送網株式会社
チャンネルイレーサー「凸凹くん」開発グループ

MPEG-2におけるHD素材伝送用超低遅延コーデックの開発

日本テレビ放送網株式会社
アイベックステクノロジー株式会社
MPEG-2 HD素材伝送用超低遅延コーデック開発グループ

違法動画サイト対策に絶大な威力「とりし丸」の開発

讀賣テレビ放送株式会社
谷知紀英、近藤五郎

映画用デジタルレコーダー出力専用フィルム 「ETERNA-RDI」の開発

富士フイルム株式会社
村上 光、三木正章、細谷陽一、西村亮治

技術開発奨励賞

題目 受賞者

高機能ポータブルモニターの開発

株式会社東京放送  高橋知大

マーカーレストラッキングシステム「DRAGON」の開発

株式会社テレビ朝日、株式会社NTI
マーカーレストラッキングシステム「DRAGON」開発チーム

超高速度高感度CCD小型カラーカメラの開発

日本放送協会(放送技術研究所・放送技術局)、近畿大学、株式会社日立国際電気、ダルサ株式会社
超高速度高感度CCDカメラ開発グループ

審査員特別賞

題目 受賞者

月周回衛星「かぐや(SELENE)」が映し出した月と地球に関する撮影システム

日本放送協会、財団法人NHKエンジニアリングサービス、宇宙航空研究開発機構、明星電気株式会社、池上通信機株式会社、フジノン株式会社、高知大学、かぐやHDTVグループ

第60回 (2006年度)

CM ビデオ納品コピーの元映像のデジタルビデオノイズ検出/警告システムの開発

(株)IMAGICAテクノロジーズ 久保田 純・三島 也守志
(株)IMAGICA 打出 圭一朗・鈴木隆文・山崎信彦

オンラインテロップ発注システムの開発

(株)テレビ朝日 横田慶太・小山恭司・小林宏嗣・松田 実・酒井陽寿

(奨励賞)

フラッドライトの開発

読売テレビ放送(株) 窪内 誠

簡易操作型サラウンドミキサーの開発

日本放送協会 小宮山 摂・吉川里士

手術撮影用架台「MDクレーン」

(株)ジーピーエー 松尾幸治

第59回 (2005年度)

毎秒300コマ順次走査HDTVハイスピードカメラの開発

日本放送協会 小笠原俊英、山内正仁
(株)ナックイメージテクノロジー 後藤正勝

デジタルFPU方向調整支援システム「見っける君」の開発

(株)東京放送 梶原 巧、深澤知巳

地上デジタル放送用マージン測定装置の開発

日本テレビ放送網(株) マージン測定装置開発グループ

フジカラー映画用カラーネガティブフィルム ETERNA500の開発

富士写真フイルム(株) 横田耕一、日吉弘測

(奨励賞)

データ放送チェッカーの開発

讀賣テレビ放送(株) 谷知紀英

第58回 (2004年度)

モーションコントロールカメラシステム「Camsat」の開発・運用

(株)フジテレビジョン  関 克哉

近赤外線対応ハイビジョン超高感度カメラの開発

日本放送協会 三橋政次,宮崎正之

高速、耐衝撃・振動、大容量な放送用半導体メモリーシステム
「P2」の開発

松下電器産業(株)パナソニックAVCネットワーク社
システム事業グループ
システムAVビジネスユニット

4K SXRD プロジェクターの実用化

ソニー(株)

4K SXRD プロジェクター開発グループ

(奨励賞)

自動原紙(ザラ紙)貼り&原紙剥がし機、通称「ノリ助」の開発

(株)フジアール 道具開発プロジェクト

ハロゲン電球「ライトセイバー」

江東電気(株)

現場が求めていた バッテリィライト

テレビ朝日映像(株) 清野まさみ

監視者の負担を軽減する音声チェッカーの開発

讀賣テレビ放送(株) 音声チェッカー開発グループ

テープ編集インターフェースを持つノンリニアオフライン編集システムの開発

(株)IMAGICA 三島也守志、三浦直康、嶺岸義高、俵 宜士、籬 恵介、高鳥暁彦

第57回 (2003年度)

CCD光学ブロック回転機能付きHDカメラの開発

日本テレビ放送網(株) CCD光学ブロック回転機能付きHDカメラ開発グループ 代表 甲斐 創

動き補正機能付きマルチフォーマットコンバータの開発

日本放送協会 中村晴幸,鳥居宏行 (株)シバソク 山之内達郎

リアルタイムグラフィックスプロセッサAV-CGP500の開発

松下電器産業(株) メディアネットワーク事業グループ

HDCAM-SR VTR

ソニー(株) HDCAM-SR開発グループ

デジタルハイスピードカメラ メモリカムfx-K3 (ナックfx-Cam)の開発

(株)ナックイメージテクノロジー 技術部

(奨励賞)

字幕制作支援ソフト「字幕屋」の開発

(株)IMAGICA 塩田 真

SD/HD対応 フィルム スクラッチ&ダストリデューサ CINEMA CRAFT reneat

カスタム・テクノロジー(株) 黌農孝彦,報映産業(株)

第56回 (2002年度)

地上デジタル放送用高圧縮HDTVエンコーダの開発

(株)東京放送 宮澤俊二、安田英史

ハイビジョン用プレシジョンフォーカスシステムの開発

日本放送協会・富士写真光機(株) プレシジョンフォーカスシステム開発グループ

地上デジタル放送用フィールド状態検出システム「フィル波ーモニー」の開発

日本テレビ放送網(株) 佐藤 誠、田中正克、石田昌之、片柳幸夫

HDノンリニア編集機に於けるリアルタイム処理技術の開発

ソニー(株) コンテンツクリエーション事業部プロダクションプラットフォーム部

(奨励賞)

字幕制作・送出システムの開発

(株)フジテレビジョン 中沢 学、西山清之 (株)フジミック 放送ソリューション部

ハイビジョン3次元カメラ「Axi-visionカメラ」の開発

NHK放送技術研究所 河北真宏、栗田泰市郎、菊池 宏、山内結子、 日本放送協会 井上誠喜

Ethernetによる音声レベルリモートコントローラ

全国朝日放送(株) 江口尚裕、瀬川圭介、深栖邦一

吸気式ドームスクリーンシステムの開発製作

(株)東京現像所 青山 学、高 島(株) 立川壮史

第55回 (2001年度)
※同年度より「技術開発賞」に改称

レーザーフィルムレコーダーのための三次元LUTを使った色変換法

(株)IMAGICA 石井亜土

バリアブルフレームカメラレコーダー(シネマガンマ内蔵)の開発

松下電器産業(株) 阪本善尚、東映化学工業(株)

BSデジタル放送用擬似同期化装置

(株)東京放送 擬似同期化装置開発グループ

デジタル制作情報システム(ベアトス)の開発

日本放送協会 ベアトス開発グループ

フジカラー映画用カラーネガティブフィルムReala 500Dの開発

富士写真フイルム(株)足柄研究所 河合 清、村上 光

フジカラーイメージマネジメントシステムの開発

富士写真フイルム(株)足柄研究所 三牧靖典、山田 誠

(奨励賞)

液晶モニタ用ハードケース

テレビ朝日映像(株) 清野まさみ

第54回 (2000年度)
※1965年度~2000年度まで「日本映画テレビ技術協会賞」として表彰

「光学防振機構内蔵の中継用ズームレンズの開発」

キヤノン(株)放送機器事業部86-IS開発プロジェクト

「低軌道衛星撮影システムの開発」

日本放送協会 山地直樹、渡部 悟、山崎順一 (株)昭和機械製作所 渡邉和明

「音声認識によるニュース音声自動字幕化システムの開発」

日本放送協会 ニュース音声自動字幕化システム開発グループ 代表 安藤彰男

「720p対応画質評価装置の開発」

日本テレビ放送網(株)、(株)KDDメディアウィル720p対応画質評価装置開発グループ 代表 菊地秀彦

「D-ILA大型プロジェクターの開発・商品化」

日本ビクター(株) DLA-M4000L開発グループ

「アダプター式TVレンズ防振装置 オプティカルテクノスタビ」

富士写真光機(株) TVレンズ防振装置開発グループ

(奨励賞)

「鳥人間コンテストにおける機載カメラ」

讀賣テレビ放送(株) 岩松道夫

第53回 (1999年度)

「ノンリニア字幕作成装置の開発」

讀賣テレビ放送(株) 山下雄司
日本テレビ放送網(株) 小熊 透

「マルチフォーマット・カラーバー」

全国朝日放送(株) 安部 学、阿部良幸、吉田喜平、春日康志、監物 直

(奨励賞)

「カメラ補助装置」

(株)NHKテクニカルサービス 堀口 信

「衣服貫通型ラベルマイクロホンの開発」

日本放送協会 宇賀田 誠、和泉 幸、黒住 幸一 松下通信工業(株) 稲着 功、帯刀寿和

「OFDM-FPU用ダイバーシティ受信機の開発」

日本放送協会OFDM-FPU用ダイバーシティ受信機開発グループ
代表 伊藤泰宏

「TV-LANシステム Ver.2」

(株)東京放送 林 俊成

第52回 (1998年度)

「テレビジョン音声多重方式」

全国朝日放送(株)  笹野耕治

「超高感度ハイビジョンカラーカメラ」

日本放送協会、池上通信機(株)、浜松ホトニクス(株)、富士写真光機(株)、(有)細内光機
超高感度ハイビジョンカラーカメラ開発グループ 代表  山崎順一

「マルチレゾリューションテレシネFVS-1000(HDテレシネ)」

ソニー(株)  岩崎禎二とその開発グループ

「DVC PRO-Pの開発」

日本テレビ放送網(株)、朝日放送(株)、松下電器産業(株)
DVC PRO-P開発グループ 代表  堀 明宏

(奨励賞)

「カーブトラッキングカメラシステム」

(株)東京放送  間瀬 仁、林 迪彦、深澤智巳

「HVCCD白キズ補正装置」

日本放送協会  野杓賢悟、須賀川 豊、河内博司
芙蓉ビデオエージェンシー(株)  生田目 洋

第51回 (1997年度)

「リアルタイムCGキャラクターの運用」

全国朝日放送(株) バーチャルスタッフ

「HDVTR『HDCAM』の開発」

ソニー(株) 池 和夫とその開発グループ、名雲文男とその開発グループ

(奨励賞)

「水系フィルムクリーニング装置」

二葉工業(株)、東映化学工業(株)、報映産業(株)

「照明バトン名称の発光表示」

全国朝日放送(株) 羽村滋世、アールディエス(株)

「液晶偏光フィルターを用いた反射光抑制カメラの開発」

日本放送協会 藤掛英夫・滝沢國治・小林道男・根岸俊裕

第50回 (1996年度)

「カラーポジ現像システム」

東映化学工業、大友製作所、ソニー・プレシジョン・テクノロジィー

(奨励賞)

「直接変換によるFPU中継機」

久保田誠司(毎日放送)

「サイバー文楽システムの開発」

坂本 浩・山崎吉広(フジテレビジョン)

「仮想カメラシステムの開発」

林 正樹・福井一夫・伊藤泰雅・八木伸行・石原達哉・宮田祐吉(日本放送協会)

第49回 (1995年度)

「PHSを利用したディジタルワイアレスインターカムの開発」

大森静雄・久保木準一(フジテレビジョン)

(奨励賞)

「小型カメラ用軽量クレーンシステム」

内野盛和・平林眞喜雄・辻井一義・吉野洋雄・宮沢庸介・福元昭彦・田代博一(全国朝日放送)

「水平/垂直偏波切換型7・10GHz用一次放射器の開発」

田中雅文・鈴木秀樹(日立電子)

杉本善忠(全国朝日放送)

第48回 (1994年度)

「525本順次走査カメラの開発」

日本テレビ放送網・松下電器産業・松下電子工業順次走査カメラ開発グループ

「1/2インチデジタルコンポーネントVTR『デシタルベータカム』の開発・商品化」

山川清士(ソニー)

「紫外線カラー化カメラの開発」

瀧口吉郎・久保田節・山崎順一(NHK放送技術研究所)
小野秀則(日本放送協会)

「1/2インチフルビットコンポーネントディジタルVTR『D-5』の開発」

松下電器産業D-5VTR開発グループ

(奨励賞)

「国内初のディジタルコンポーネント中継車」

阿部 博・近野邦彦・及川 浩(東日本放送)

「テレビジョン方式変換器対応の映像・音声遅延時間測定装置」

安部 学・佐々木哲雄(全国朝日放送)

「セルアニメーション制作支援システム『RETAS! Pro』の実用化」

川上陽介・野崎慎也(セルシス)

「フジカラーネガティブフィルムスーパーFシリーズF-125/F-250,F-64D/F-250Dの開発」

内田洋祐(富士写真フイルム)

第47回 (1993年度)

「デジタル圧縮音声映像多重装置の開発」

高山 亨・小熊 透・高島 修・宮下英俊・村上孝一・水島光一・今村公威(日本テレビ放送網)

「フラットビジョン」

山脇利捷(松下電器産業)

(奨励賞)

「ワンタッチディジタルカラーコレクター」

山村恵一・渡辺 立・和田雅徳・松永 力(日本放送協会、朋栄)

「立体ハイビジョン撮像技術」

湯山一郎・蓼沼 眞・山之上裕一(NHK放送技術研究所)

「スキップバックレコーダーの開発」

NHK大阪放送局スキップバックレコーダー開発グループ

「プラズマビジョン-M21」

吉田勝臣(富士通ゼネラル)

「液晶シャッター・ディスプレー」

帆足勝利・前田哲志(池上通信機)

第46回 (1992年度)

「ECN-2定着液再生装置」

西田和憲・野村哲夫・水野雅夫(IMAGICA)

「適応等化器を用いた送り返し音声(N-1)現場生成装置」

加藤正光・愛甲進一(日本テレビ放送網)

「CGと実写画像の合成技術」

福井一夫・林 正樹・山内結子・長谷波一史・秋山宣英(日本放送協会)

「液晶内蔵照明器具」

液晶照明器具開発グループ代表 平林常広(日本放送協会、住友電気工業、丸茂電機)

第45回 (1991年度)

「1/2インチディジタルVTRの開発・実用化」

1/2インチディジタルVTR開発グループ
(日本放送協会、松下電器産業)

「IDマーク挿入装置の開発」

堀 明宏・黒崎忠男(日本テレビ放送網)

(奨励賞)

「バーコード方式CGオペークシステム」

新津勇助・上田孝爾・和田哲夫・井上迪夫

「HDTVデジタル・カラー・コレクター」

吉田 豊・西尾 元・高橋 保(IMAGICA)

清水俊行・内田雅巳・矢部順丈(エスト)

第44回 (1990年度)

「スポット・イレーザー」

西尾 元(IMAGICA)
清水俊行(エスト)

「非標準カラースーパー信号のクロスルミナンス防止技術の開発」

日本テレビ放送網高画質テレビ開発グループ

(奨励賞)

「SNG中継音声遅延対策送り返し装置」

毎日放送音声グループ

第43回 (1989年度)

「モーションボーイC-CAM用新コントロールシステム」

徳永徹三(IMAGICA)
長岡浩二(ディーエスディー)

「6倍速高速度カメラシステム-アクションアナライザーの開発」

藤田欣裕・安藤文彦・三谷公二・菅原正幸・藤原正雄(日本放送協会)

「EDTV用試験信号、テストチャート等の開発」

高山 亨・浦野丈治(日本テレビ放送網)

「ニュースヘリコプタ搭載FPU方向探知受信装置」

出来裕三・岡村智之・稲田智徳(フジテレビジョン)

(奨励賞)

「ハイビジョン用標準画像の作成」

熊田純二・河合輝男・成田長人(日本放送協会)

第42回 (1988年度)

「画面ゆれ補正装置実用機の開発」

日本放送協会画面ゆれ補正装置開発グループ

「クリアビジョン対応画質改善装置の開発」

画質改善グループ 荒木洋哉・黒崎忠男・浦野丈治(日本テレビ放送網)

「リアルタイム放送用3次元CGシステムの開発」

上瀬千春・坂本 浩(フジテレビジョン)

(奨励賞)

「バーコード自動認識機構付の映写機とD2VTRによるCMバンク」

CMバンク更新プロジェクトチーム代表 飴井保雄(東京放送)

第41回 (1987年度)

「リアルタイム処理のできるテレビジョンオプチカル効果システムQuaser Iの開発」

上瀬千春・坂本 浩(フジテレビジョン)

「吸気雑音除去装置を中心とする水中取材音声システム」

石川 琇一、高嶋 修、花房 秀治、荒木 洋哉
(日本テレビ放送網)

(奨励賞)

「天気予報システム」

平岡征男・内山久宜(テレビ山口)

「無線リモコンによる水中撮影装置」

今野清一(日本放送協会)

第40回 (1986年度)

「ハレーすい星撮像システムの開発」

大西和則・坂元友芳・福田輝文(NHK)

「画質改善プロセッサ」

日本テレビ放送網画質改善開発グループ

「テニスボールの速度測定システム」

井上裕雄・高橋秋廣・中島博和・林 俊成(東京放送)

(奨励賞)

「携帯型プロンプター」

前田 隆・宮本 孝・持田勇夫(NHK)

第39回 (1985年度)

「放送仕様のCCDカメラの開発」

CCDカメラ開発グループ(放送映像サブグループ、電子デバイスグループ、マイクロエレクトロニクス研究所)(日本電気)

「MUSICAL言語と音楽入力装置の開発」

日本テレビ放送網MUSICAL言語開発グループ

(奨励賞)

「タイムコードを利用したVロケダブル取材方式」

本石武夫(NHK)

第38回 (1984年度)

「カメラ一体型アンテナ自動指向装置」

日本テレビ放送網ワイヤレスカメラ実験研究グループ

「フジカラー高感度ネガティブフィルムAX35mmタイプ8514、16mmタイプ8524の完成」

大石恭史(富士写真フイルム)

「高品位テレビ用35mmレーザーテレシネ装置の開発」

石田武久・林 建一・末岡多加志・平林洋志・笠井春雄・石川秋男(NHK)
種田悌一(NHKエンジニアリングサービス
ナックレーザー機器開発グループ

第37回 (1983年度)

「フジ多目的時差放送システム」

フジテレビジョン制作技術局映像部

(奨励賞)

「高品位テレビ用35mmフィルムレーザー録画装置の開発」

杉浦幸雄・野尻裕司・岡田清孝・二宮祐一・松本保男(NHK)

「ワイヤレスリモコンカメラ装置」

須川貴夫(NHK)

第36回 (1982年度)

「カメラ・一体型VTRの開発」

高野昌幸・岩崎禎二(ソニー)
池上英雄(NHK)

「3/4インチVTRのクイックスタート装置の開発」

3/4インチVTRクイックスタート開発グループ
山村恵一(NHK・大阪)

「オフライン編集の編集データ自動収集システムの開発」

編集データ収集システム開発チーム代表 大野政夫(NHK)

(奨励賞)

「フリッカー抑圧装置の開発」

安部 学(テレビ朝日)

「ハンディカメラ用100倍ズームレンズヘの工夫」

奥村重喜・和田正夫・伊東孝久(NHK)

第35回 (1981年度)

「単管式放送用カラーカメラBVP-110」

杉本昌穂(NHK)・山県研二(ソニー)

「放送サポート・システム」

海老沢洋一・林 迪彦・山岡三郎(東京放送)

(奨励賞)

「静止画CMのバンクシステム」

荒瀬富雄・長井十志明(テレビ新広島)

「ハイラチチュードテレビカメラの開発」

三野三夫(NHK)

第34回 (1980年度)

「フジカラーネガティブフィルムA250の開発」

苅込一郎(富士写真フイルム)

「35mmカラーポジ用高速現像機の開発」

大友隆次(オオトモエンジニヤリング)
東京現像所

「映像2チャンネル同時伝送装置」

東京放送テレビ本部技術開発グループ

(奨励賞)

「テレシネカメラ用赤信号輪郭補正装置」

池田亀壽・金子貞夫(テレビ朝日)

「アニメーション&グラフィックス機器の開発」

熊田宏章ほかアニメーション・グループ(ナック)
八木信忠(日本大学)・池田 宏(東映動画)

「ハンディカメラ用ミニクレーンの開発と番組への積極的運用」

伊藤清次・斉藤一夫・大村俊郎・岡部正幸(NHK)

第33回 (1979年度)

「16mmフィルムレーザー録画装置の開発」

杉浦幸雄・元木紀雄・益子 仁・奈良岡実・沓澤四平・伊波四郎・梅村行男(NHK)

「光学ステレオ録音機と再生機の開発」

安田リサーチ

「RCA方式光学ステレオ録音の実用化」

アオイスタジオ光学ステレオ開発委員会

(奨励賞)

「オプチカルプリンター用カラーTVビュアー装置の開発」

大久保誠二(東映化学工業)

「音声多重用16mm映写機の開発」

利根川基・長尾浩史・山本信幸(北辰電機製作所)

「光学式2トラック/サウンド16mm映写機の開発」

可知賢次郎・宮田紀一(エルモ社)

第32回 (1978年度)

「FSSテレシネ装置の開発」

一柳 伸・佐藤敏夫(NHK)
池上通信機

「レーザー光学録音装置の開発」

種田悌一・杉浦幸雄・元木紀雄(NHK)
横浜シネマ現像所

(奨励賞)

「エレクトリック・エフェクト・システムの開発」

東京12チャンネル製作局製作部照明班

第31回 (1977年度)

「光学ファインダー付テレビカメラの開発」

戸田菊雄(テレビ朝日)

「フジカラーネガティブフィルム(タイプ8517・8527)の開発」

福田神郎(富士写真フイルム)

(奨励賞)

「肌色色紙を用いたカラーカメラ調整用チャートの開発」

鶴田有一・新村 博(テレビ朝日)

第30回 (1976年度)

「電子式ポラロイド複写装置の開発」

米澤洋之(NHK)

(奨励賞)

「ヘリカルVTR編集器の開発」

同開発グループ(日本テレビ放送網)

第29回 (1975年度)

「密閉型ニッケル・カドミウム蓄電池の急速充電方式」

橋本 正・大纏英夫(NET)

(奨励賞)

「宇幕スーパー自動送出装置の開発」

同装置開発グループ・志田多布(NHK)

第28回 (1974年度)

「フジカラーリバーサルTVフィルムRT400 16mmタイプ8425、フジカラーリバーサルTVフィルムRT100 16mmタイプ8426」

福田神郎(富士写真フイルム)

「電子写真法によるカラーテロップの作成法」

須山英三(東京放送)・長谷川茂(阪田商会)

(奨励賞)

「カラーネガフィルム反転送像の実用化」

野々部幸男(NHK)

第27回 (1973年度)

「新カラー現像機」

鈴木 洋・村上昭治(NHK)

(奨励賞)

「ポールリフト撮影装置の開発」

岩井禧周(NHK)

第26回 (1972年度)

「4ビジコンフィルムカメラの輪郭補償装置の開発」

西沢台次・望月正己・日下秀夫・野々部幸男(NHK)

「超小型ハンディーカラーテレビカメラの開発」

宮北孝敬・谷田志津雄(東京放送)・山下 靖・古見沢浩一(アサカ)

(奨励賞)

「電子的フィルム映像処理システム」

松永功介(ナック)

「16mmフィルム・オートスプライサー」

三友
佐富電機商会

「現像機エレベーター(ローディッグ)軟着制御装置」

平田吉彦・粟田 宏(NHK)

「ビデオテープの編集にフィルムを使用した自動編集システムについて」

日本テレビ放送網映画部

東洋現像所ビデオ部

第25回 (1971年度)

「フジカラーネガティブフィルム16mmタイプ8516の開発」

富士写真フイルム

「単一乾電池を電源とする16mmシネカメラの駆動方式並びにこれに関連する一連の研究」

相馬喜三・佐伯哲馬・香月宏介(東京放送)

「EBCの技術」

湯沢勝利(富士写真フイルム)

(奨励賞)

「フジフイルムCVRプレーヤー」

湯沢勝利(富士写真フイルム)

「3Pカラーカメラの黒再現の改善」

中村真明(NHK)

第24回 (1970年度)

「ランダムセレクト自動装填式16mmテレビ用映写機の開発」

室伏建明(北辰電機)・渡辺育郎(NHK)

「磁気フィルムの自動選択リレコ装置の開発」

斉藤留夫・渡辺秀男・山本和夫(NHK)

「ホリミラー・スクリーンのシステム」

岩淵喜一・仙田昌久(東宝)

(奨励賞)

「現像機の処理液PH自動調節装置」

宮寺啓之(横浜シネマ現像所)

第23回 (1969年度)

「カラーフィルム正・反転編集装置AN-E4」

安永禎男(朝日放送)

「ダブルフレーム撮影機および多面撮影システムの開発」

ナック

(奨励賞)

「自走式5mテレビカメラクレーンの開発」

唐原 久・吉田 弘(NHK)

「アニマ・ビジョンの研究開発」

岩井禧周(NHK)

「ヘイゼルチンカラーフィルムアナライザーとそのタイミング技術」

須山英三(TBS映画社)

「公開スタジオにおけるカラー用大型リヤースクリーン設備」

毎日放送、三友、日本ジーブックス

「E-カムの実用研究」

フジテレビジョン

第22回 (1968年度)

「ミノルタTVカラーアナライザー」

吉山一郎他(ミノルタカメラ)

「フジカラーリバーサルTVフィルムRT-100(タイプ8424)の開発」

富士写真フイルム

「動力車運転シュミレーター用視界再現装置」

泉沢延吉他(ナック)

(奨励賞)

「全天映画および全天周映画の開発」

五藤斉三(五藤光学研究所)

「NTVにおけるテレビ用オペークカードの濃度基準」

杉森吉夫(日本テレビ放送網)

「テレビ用フィルム映写機におけるネガ・ポジ自動選別方式」

宮下信従(日本テレビ放送網)

「光電式圧縮増幅器の開発」

水口保美(日本映画新社)

第21回 (1967年度)

「映像解析のための数値変換装置」

高橋正明(ナック)

「ビデオテープ音声自動ダビング方式ならびに自動編集装置の開発」

関西テレビ放送技術局

(奨励賞)

「水中カメラ・マリンフレックスの開発」

河野祐一・竹内 庸・岩井禧周(NHK)

「スポット・フラッド両用器具の開発」

永田鎮男・佐野鉄男・野下 清(NHK)

第20回 (1966年度)

「NTVにおけるカラー・テレフィルムの制作法」

原田 勲(日本テレビ放送網)

「ルミスコープの開発」

伊藤安雄(NHK)

「テレビカメラ用ロケット追跡装置の開発」

小布施英雄(NHK)

「ヘリコプター搭載テレビカメラの防振台」

松野 清(NHK)

第19回 (1965年度)
※「日本映画テレビ技術協会賞」と名称変更し、1965年度~2000年度まで同名称にて表彰

「逆転可能エンドレスリールの開発」

柿谷 功(NHK)

「ヘリコプター用防振撮影装置〈エアロビジョン〉の研究開発」

岩井禧周(NHK)

第18回 (1964年度)
※1947年度~1964年度までは「日本映画技術協会賞」として表彰

「テレビ用16ミリ同時録音付EEカメラの開発」

伊藤 宏(キヤノンカメラ)

「可変照射角照明器の開発」

喜多邦夫(日活)

「動画製作におけるゼロックス装置の導入」

小西昌三(東映動画)

「東映・光学8ミリトーキー映写機の実用化と関連技術の開発」

設楽正三(東映)

第17回 (1963年度)

「テレビジョン用可変速度映写機」

松野 清(NHK)

「リモートコントロール撮影機の開発」

岩淵喜一(東宝)

「TVフィルム用プリンター焼度制御の自動化」

坂田晴夫(NHK)

(選奨)

「35mm磁気フィルム・クリーニングマシンの設計および試作」

河野貞寿(松竹)

「リモートコントロール録音方式の開発」

松本安太郎(東宝)

「磁気フィルム消磁装置」

山本宏美(日活)

第16回 (1962年度)

「黒白映画用ネガ・フィルム焼度検定装置」

小林行雄(東映化学工業)・今尾祐司(八欧電機)

「乳剤面上に磁気録音帯を有する16mm生ポジ・フィルムの生産技術」

有賀研一(小西六写真工業)

(選奨)

「簡易プレイバック撮影法」

河内光男(日活)

「16mmフィルム用テープ接合法の開発」

三堀家義(NET)

第15回 (1961年度)

「8/16mm撮影機および映写機用画面安定度テスト・フィルム製造技術の研究」

松原 滋(富士写真フイルム)

「16mmプリズム式高速度カメラの国産化」

徳重政晴(日立工機)

「スポット露出計(輝度計)の設計」

高橋泰夫・松本 徹(旭光学工業)

「35mm磁気録音フィルムの製造技術」

小林節太郎(富士写真フイルム)

(特別賞)

「"エラブの海"水中撮影技術報告書」

日本映画新社

第14回 (1960年度)

「映画撮影用およびテレビ撮像用ズーム・レンズ系の設計」

山路敬三(キヤノンカメラ)

(特別賞)

「"おとうと"の現像技術」

小林利央(東京現像所)

「日活における反射形スクリーン・プロセス法の実用化」

三輪晋平(日活)

(選奨)

「迅速量産焼付装置の国産化」

松林万里(東映化学工業)

「直角カーブ移動車およびそのレールの軽金属材料化」

三輪晋平(日活)

第13回 (1959年度)

「映画劇場の空気条件に関する研究」

木村 宏(関東学院大)

「色彩映画用メーキャップ材料ハイコンについて」

関 秀光・児玉 晃(日本色彩研究所)

「16mmキセノン映写機に関する一連の研究」

守 秀雄(北辰電機)

「テレビ用ネガ・フィルムの製造研究」

福田神郎(富士写真フイルム)

(選奨)

「オートマティック・オペーク・プロジェクターの開発」

福田 浩(理科学精機)

「70/35mmフィルム映写に必要なる装置の開発」

栗山徹三(日本音響精器)

「35mmカラー・モノクローム兼用テレビジョン映写機の国産化」

高柳健次郎(日本ビクター)

第12回 (1958年度)

「ドラム式超高速度カメラの研究」

植村恒義(東大)

「面積型録音フィルムの製造」

福田神郎(富士写真フイルム)

「クロス・モジュレーション試験装置の試作」

山崎辰夫(日活)

(特別賞)

「オーディトリアムの室内音響設計と施工に関する研究」

石井聖光(東大)

(選奨)

「天体撮影用簡易補助装置」

新井正保(東京テレビ映画)

「実用的なアナモフィック・ブロック・レンズの製作」

小松聰一(興和)

第11回 (1957年度)

「16mmクセノン・アーク映写機」

清水 勝(東芝)・勅使晴夫(エルモ社)

「スロー・モーションテレビジョン」

樋渡涓二(NHK)

「磁気立体録音方式の研究と標準送り穴フィルムへの応用」

安田庸三(東洋現像所)

「20キロワット・ソーラースポットライト」

龍敬一郎(龍電社)

「『バリシネスコ』三色分解撮影機用アナモフィック・レンズの研究」

毛利広雄(小西六写真工業)

「ダビング録音における透過式VU計の実用化研究」

河野 宏(東宝)

第10回 (1956年度)

「8mm磁気録音装置付映写機」

榊 由信(エルモ社)

「稲妻効果超大型閃光電球の研究」

飯田孝之(東芝)・稲垣保利(東宝)

第9回 (1955年度)

「映写用セレン整流器の研究」

四方幸夫(三社電機)

「照明用フィルタの研究」

龍敬一郎(龍電社)

「コニカラー・シネ・カメラの試作研究」

柴田俊夫(小西六写真工業)

「映写機半自動切換装置の研究」

ロバート・A・ヘインズ(米軍映画部)

(特別賞)

「不燃性映画用ポジ・フィルムの量産」

春木 栄(富士写真フイルム)

第8回 (1954年度)

「カラー・フィルム用変換フィルタの研究」

安達直義(旭化成)

「パースペクタ・サウンド・インテグレータ国産化の研究」

林一太郎(日本ビクター)

第7回 (1953年度)

「映画用ネガ・フィルムの後露光増感」

田島又一・細谷克己(富士写真フイルム)・伊佐山三郎(大映)・東洋現像所

「零分散光電分光光度計に関する研究」

馬場輝郎(小西六写真工業)

「新型ソーラー・タイプ照明器具」

龍敬一郎(龍電社)

(特別賞)

「フジ・カラーによる色彩映画の録音」

東宝撮影所・音響技術係

「"日輪"におけるコニカラー・プリント作業の迅速処理」

日本色彩映画

「"地獄門"の撮影関係技術」

大映京都撮影所

第6回 (1952年度)

「硫化鉛光導電セルの試作研究」

宮沢久雄・岡田純一(東芝)

「富士セントラル35mm映写機の設計及び製作研究」

木村文市(富士精密工業)

「国産35mm撮影機の試作」

保坂 勇(精機製作所)

「フジカラー・フィルムの改良」

藤沢 信(富士写真フイルム)

第5回 (1951年度)

「カーボン・アークのスペクトル測定に関する研究」

東 堯(東芝)

「天然色映画フィルムの製造法」

小林湜信、毛利広雄(小西六写真工業)

「富士シネ・クリスター・レンズの製造」

浅井幸正(富士写真フイルム)

「映画用磁気録音装置並びに同用フィルムの製作」

井深 大(東京通信工業)

第4回 (1950年度)

「微速度撮影装置の試作研究」

長部 鋠作(日本映画社)

「光電管を利用するクレータ位置自動調節装置」

堀熊三郎・伊藤庄衛(高密工業)

「映画劇場における便器個数決定法の研究」

綾井九州彦(日本大学)

「映写機のアパーチュアの過熱防止の研究」

荒井 晶(東京計器)

「超高圧水銀灯を用いた16ミリ映写機の試作」

遠藤新太郎・小出喜一(北辰精密工業)

第3回 (1949年度)

「照明器具の改善」

小塚時雄(大映)

「帯電防止に関する研究」

青木康一(小西六写真工業)

「映画用ポジフィルムの映写耐久実態調査及び研究」

富永栄一・岩崎勝成(富士写真フイルム)

「記録音響の編集装置」

峰尾芳男

「簡易騒音計」

村上幸雄・石井聖光

「DS電球」

内堀芳雄(新東宝)

「映画用フィルムの帯電防止の研究」

大庭成一・岩崎勝成・竹中治夫・坂野誠一・山村 浩(富士写真フイルム)

「録音装置の改良」

新東宝技術部

「ストリング・ガルバノメーターによる可変面積型録音方式の研究」

峰尾芳男

第2回 (1948年度)

「フジカラーシネフィルムのプリント法」

村上永治(富士写真フイルム)

「シネ用ネガフィルムの帯電防止研究」

青木康一(小西六写真工業)

「小型騒音計の試作」

村上幸雄・石井聖光(日本電子測器)

「色彩演出に関する所論」

田口泖三郎(科学研究所)

第1回 (1947年度)

「天然色映画フィルムの研究」

藤沢 信(富士写真フイルム)

「録音フィルムの解像力と周波数特性の研究」

大宮公平・坂野誠一(富士写真フイルム)

「スプロケットの精度と研究」

田口英彦(キヤノン)

「フィルム録音機の送りむらについての研究」

長村英一(新東宝)

「日本映画館の音響に関する佐藤理論の確立及び活動写真画面歪みに対する座席配列の範囲制限に関する研究」

佐藤武夫(早稲田大)

「天然色映画フィルムの研究及び小型映画用反転フィルムの製造研究」

西村龍介(小西六写真工業)

「タリウム塩添加に依る現像液の疲労回復」

福島信之助(新理研)

お詫び:敬称は省略させて頂きました。