優秀制作技術賞(柴田賞・鈴木賞)受賞一覧

本賞は、従来の柴田賞、鈴木賞としてお寄せ頂いた基金をもとに、他の模範になり得る業績を示した方々への顕彰事業として行って来たが、その趣旨を尊重継承し、ご遺族及び関係の方々にご承諾いただき「優秀制作技術賞」として統合、2017年に制定された。

柴田賞とは、後進の育成にも力を尽くされた故柴田氏のお気持ちを汲み、いわば新人賞としての性格をもち、各分野の若い技術者の奮起を促しているものである。
 鈴木賞とは、科学映画の撮影に多大な功績をあげられた当協会名誉会員・故鈴木喜代治氏に因み、科学映像の撮影技術者を対象としたものである。

対象となるのは、映画、テレビ、科学映像、イベント・プロモーションの映像制作の諸技術に従事している技術者で、他の模範になり得る業績をあげた者で、その職種に携わっておおむね10年までの個人とする。

 

第49回(2019年度)優秀制作技術賞受賞者

 

井上 大助(株式会社IMAGICA Lab. フィルム・アーカイブ事業本部 プロダクション部)

1979年生。2003年に(株)IMAGICAウェスト(現 (株)IMAGICA Lab.)に入社。
劇映画や記録映画、アニメーション、TVシリーズ、アーカイブを中心に数多くの作品のタイミングを担当する。古い映画の復元にも取り組み、様々なプロジェクトに参加。
特に1910~30年代の無声映画期に製作された着色フィルムの色彩復元に力を入れ、国内で初めてデスメット・カラーを習得し、商品化に成功した。この技術は国立映画アーカイブを始め、国内の映画アーカイブで採用されている。
最近は、フィルムとデジタルの両技術を活かして、フィルムの持つ特有のトーンを如何にデジタル変換するかを研究している。フィルムの持つトーンを失うことなくデジタル化するためのフィルム複製技術を研究し、白黒作品のスキャンに適したローコントラストプリントの開発に成功した。その成果は学会においても報告している。
また、フィルム文化を後世に残すための教育事業にも取り組んでいる。映像の教育現場でフィルムを使用する機会が減少するなか、学生や若い研究者がフィルムに触れる機会を作るため「学生のためのフィルム講座」全3回を企画、開催し、講師を務めた。
その他にも「京都デジタルリマスター人材育成事業KYOTO FILM REMASTERS INCUBATOR」全3回や、「映画の復元と保存に関するワークショップ」全14回などで実行委員を務め、講師や実習トレーナーを担当した。更に、その対象は海外の映像制作者やアーキビストにも広がっており、韓国、台湾、マレーシアなど、数多くの若手研究者に対してフィルムや映画修復に関する研修プログラムを開発し、提供している。
これらの実績は、フィルム技術に携わる者の規範となるものであり、本賞に値する。

 

岡野 崇(株式会社NHKテクノロジーズ 番組センター 撮影部)

1978年生。2001年(株)NHKテクニカルサービス(現NHKテクノロジーズ)入社。
その後一貫してNHKのドキュメンタリー撮影に携わる。文化・教養系など60分以上の大型企画番組を数多く担当し、国内外の撮影を精力的に行う。
2010年「うちは、一人じゃない~虐待の傷 再生への500日~」でアメリカ国際フィルム・ビデオ祭・シルバー・スクリーン賞を受賞。また、長年に亘り、(株)エス・ビジョンの酒井ディレクターとタッグを組み、「宇宙船ウェイクアップコール」「戦場 心の傷」「兵士達の悪夢」「ファインダーが見たブッシュ大統領」「新聞が消えた日」「私たちは核兵器を作った」など、【70年~90年代の民族宗教・地域紛争問題】【冷戦以降の各国核戦略やエネルギー問題】【WEBメディアをはじめとしたジャーナリズム全般】をテーマにNHKの海外報道系の大型企画番組を多く制作し、ATP賞やギャラクシー賞を数多く受賞する。
当人の映像表現は空気の捉え方、映像ルックなど、圧倒的な世界観を表現することに長けている。近年の撮影手法は、「大判センサーカメラ」「GoProカメラ」「タイムプラス撮影」を駆使するなど、映像への探求に余念がない。各カットに撮り手のメッセージを込めるという意志とそれを支える技巧が番組全体に貫かれている。常に出演者への気配り、心遣いを忘れることなく、真摯な姿勢で現場に向き合っている。
また近年においては、NHKテクノロジーズのロケデスクを担当しながら、全国の若手カメレマンの育成に注力している。撮影者としての心構えとノウハウは経験と実績に裏打ちされたものであり、強い使命感で後進の育成にあたっている姿勢は本賞に値する。

 

岩崎 亮(日本放送協会 制作技術センター 番組制作部 撮影)

1970年生。1997年日本放送協会入局。放送技術局 制作技術センター・撮影配属。
情報番組のスタジオ制作や大河ドラマ「毛利元就」「徳川慶喜」で、ドラマ制作の基本となる撮影技術を学ぶ。
2000年札幌放送局へ異動後は、ハイビジョンスペシャル「秘境・日高山脈」にて2年間10回にわたる山岳取材を行い、ハイビジョンカメラで初めて北海道の秘境・日高山脈の四季を記録した。
2004年本部異動後は、ABU未来への公開2005「Voyage to the Future」にてマレーシア ボルネオ島で日本とアジア各国の中高生の環境会議・自然学習を取材した。大河ドラマ「龍馬伝」や土曜ドラマ「ハゲタカ」ではセカンドカメラマンを務め、芝居のライブ感を最大限活かした撮影手法に触れ、現在の撮影スタイルである手持ち撮影とジブワークで構成する独特のドラマ撮影方法を習得した。その後、土曜ドラマ「足尾から来た女」で単発ドラマ初の撮影チーフを務め、第69回文化庁芸術祭賞 優秀賞を受賞した。
朝の連続テレビ小説「あまちゃん」では撮影チーフとして、シリアスとギャグや小ネタが共存するスピーディーな脚本を、その場にいる各キャラクターの心境になって見られるように設計し、見事に映像化した。
2015年名古屋放送局へ異動後は、三重発地域ドラマ「ラジカセ」においてTD兼務の撮影チーフとして、NHKの地域発ドラマとしては初の4K制作を実現し、その後の地域ドラマに影響を及ぼした。
2018年本部異動後は、初の4K大河ドラマ「いだてん」の中心的な役割を担いつつ、第74回文化庁芸術祭優秀作品・土曜ドラマ「デジタル・タトウー」の4K制作の撮影チーフを務めた。また欧州でお8K収録には撮影を担当。現在は4K・8K制作ドラマの先駆者として、大河ドラマ「麒麟が来る」の撮影チーフとしてNHKドラマを牽引している。これらの実績は本賞に値する。

≪受賞一覧≫

第49回(2019年度)
井上 大助(株式会社IMAGICA Lab.)、
岡野 崇(株式会社NHKテクノロジーズ)、
岩崎 亮(NHK・撮影)
第48回(2018年度)
牛尾裕一(NHK・照明)、久保真人(IMAGICA Lab.)、
箱崎将史(NHK・撮影)
第47回(2017年度)
大和谷豪(NHK・撮影)、柴田幹太(IMAGICAウェスト)